メンズ

ジャパンストックトレードで投資顧問を契約しよう

老後に備えて

札束

投資で備えよう

老後について不安に思っている方も多いと思います。国民年金や厚生年金があるから大丈夫と安心している方、実は、大丈夫じゃないかもしれないです。老後は、夫婦あわせて平均で23万円必要と言われています。公的年金も崩れだしている昨今、10年先、20年先に満額で年金をもらうことができるとは限らないです。その為、最近では私設年金が注目されるようになってきています。自分で資産を運用し老後に備えるというものです。私設年金とは、株式や外貨預金や不動産等の投資で老後の蓄えを行うというものです。金銭的に余裕があるようなら不動産投資がお勧めです。金銭的に余裕がなくても株や外貨預金を行い、老後に備えて資産を増やしてゆくことが大事です。

良き相談者を見つけよう

私設年金として投資を行い、資産運用してゆくのですが、一つ大事なことがあります。それは、良き相談者を見つけるということです。相談者は、身近な人であれば近所の資産家さん、または、マンションやアパートのオーナーさん等がいます。もし、そういった方が近くにいない場合でも、金融の専門知識を持った証券会社や銀行の投資専門のスタッフもいます。そういった方に、まずは、相談し、自分の資産状況と老後に必要になるお金から、どのような私設年金プランを立てるべきかアドバイスをもらうことが大事です。そのアドバイスをもとに、自分自身で検討して資産運用先を決めます。資産運用は、当然ながらリスクがつきものです。リスクを減らすためにも、良き相談者を見つけて適宜、助言をもらうことが大事です。